DAISO 浮かせる収納 タオルバーのいらないボトルホルダー

浴室に置くシャンプーやボディソープなどのボトル、置いておくといつのまにかそこがぬるぬるに…。

そんな状況を改善するために、登場した浮かせるボトルフック、大人気ですよね。

アルミ製のこんな感じのをわが家でも使っています。

ボトルを装着し、タオルバーに引っ掛けて使うタイプ。

これでぬるぬるから解放される!のはいいんですが、我が家の備え付けのタオルバーが何故だかものすごく太いんです。こちらのフックに引っ掛けることができなくて、100円ショップで吸盤付きのタオルバーを購入して、そのタオルバーを浴室につけて使っていました。

しかしなにしろ100円ショップのタオルバーは短いので、タオルバーが何本も必要になり、その日もタオルバーを物色しにDAISOに行ったところ、こんなものを見つけました。

これだとタオルバーがないところにもつけられる?と、タオルバーの購入はせずに、こちらの商品を購入。

中身はこんな感じです。

早速浴室に貼ってみました。

こちらの吸着シートを設置したい場所に貼り付けます。

ボトルに装着した本体をこんな風にひっかけて、浮かせて収納します。

貼り付け後は24時間以上置いて吸着を確認してから、と書いてありますが、待ちきれないので、数分後に本体を装着してみましたが、ちゃんとしっかりくっついてます。タオルバーがない好きな場所に設置できるのがすごくいいです。

ところで私は早く使ってみたいばっかりに、最初につけた場所と違う場所に付けたくなり、いったん剥がそうとしましたが、とんでもない吸着力でまったくはがれず。

つけたり貼ったりできるタイプではないのか、と諦めたところ、しばらくしたら、本体がぽろっと落ちてました。

これはもう使えないのかと買い直そうと思いましたが、試しに別の場所につけてみたらちゃんとくっつきました。

数日たってもしっかりくっついているので、大丈夫そうですが、裏書を読むと貼り直しをすると吸着力が弱くなる、と書かれているので、貼り直しはお勧めできないようです。

しかし無駄にタオルバーを増やすことがなくなって、浴室がとてもすっきりしました。

タイトルとURLをコピーしました