高等学校等就学支援金と実際にかかっているお金

高等学校等修学支援金支給決定通知書が、長男が通学している学校より届きました。

俗にいう、高校無償化の通知書で、年収910万以下の家庭は、国公立の授業料(年間11万8,800円)が支給されるものです。

去年までは何やら書類にいろいろ記入していたような気がするのですが、今回はマイナンバーを基に勝手に審査され、支給決定された模様。

楽になったなー😁。

支給されるとはいっても、各家庭に振り込まれるわけではなく、学校に直接いくので、あんまり何の実感もないし、手間もないです。

ところで、これまでは国公立高校の授業料のみカバーされていたのが、2020年4月より、高等学校等就学支援金の上限額が上がり、年間39万6,000円(=私立高校の授業料相当額)が支給されることになっっていたようです。

もちろん所得制限がありますが、年収400万円台の我が家ではもちろん、私立高校の授業料相当額が支給されます。

ん?

と、言うことは学習面で不安な長女が、もしも私立へ行ったとしても、そこまで家計に打撃はない?

いやいやいや。

高校無償化だからと言って、本当に無料で学校へ行けているわけもなく。

毎月15,000~引き落としがあります。

それは一体何なのかといいますと、PTA会費やら、模試、検定料やら、副教材費やらの諸々。

それに年間7万円ほどの定期代もかかってます。

中学校も月一万ほど引き落としがありますが、給食費もはいっているので、そんなものかな。

高校生はお昼代別途ですから。

無償化といってもやはりいろいろお金がかかるものなのです😥。

教育費

Posted by あめ