青汁の効能ってどんなものがあるの?

ポイント

効能とはある物の作用によって、それらが良い結果を引き起すことをいいます。このことを踏まえて、では青汁のなかに含まれる成分があなたの身体にどんな良い結果をもたらしてくれるのでしょうか?

主な3つのポイントから解説してみましょう。
これで青汁の性質が解ります。

 

青汁にはいったいどんな効能があるの?

ポイント

植物性乳酸菌:乳酸菌は年とともに低減しがち

 

ポイント

植物性乳酸菌は日本人には親しみやすい乳酸菌です。お味噌や漬物などの発酵食品などがそれにあたります。植物性乳酸菌はとても強く生きたまま腸にとどくといわれています。腸で良い働きをしてくれる善玉菌のひとつが乳酸菌です。乳酸菌は腸内の悪玉菌が増えるのを抑えて善玉菌を増やす。つまり、腸内環境を良くする働きを持っています。また、植物性乳酸菌にプラス食物繊維で便秘の予防にもつながります。

 

ポイント

不足しがちな栄養素を多数の野菜から!

 

ポイント

バランスの良い朝食はとっても健康的。でも意外とバランスのとれた朝食をとるのは難しいこと時間がなかったり野菜がにがてだったりとそれは様々です。一般的な朝食のスタイルの和食でも鉄分やビタミンC・亜鉛などが不足。パンなどの洋食でも同じです。和食、洋食の朝食に青汁を一緒にとることでこれらの不足しがちな栄養素が補えます。また、このほかにもβ-カロテンも補えます。ビタミンCは肌の老化を防いだり、抗炎症作用などのニキビ予防、シミの予防などがあげられます。鉄分は免疫機能を維持、活性酵素の除去などがあげられます。

ポイント

穀物由来の酵素で元気モリモリ!

 

ポイント

酵素は最近話題になっているスムージなどが有名です。野菜をとることで酵素を摂ることができます。でも毎日の食事で十分な野菜を摂ることは難しくありませんか?青汁なら手軽に簡単に足りない野菜を摂ることができます。では酵素をとることでどんな効能が得られるのでしょうか?主には免疫力の向上、自律神経の安定、冷え性などにも良いといわれています。また、美肌効果などもあげられます。体内の役割としては消化の助けをすることで便秘の予防、消化のほかには代謝も助ける役割があるためダイエットの効能も期待できます。

青汁に含まれている栄養素ってどんなものかご存知ですか?

 

青汁の栄養素

 βカロチン   乳酸菌  カルシウム

 

 ビタミンC   乳酸菌  カルシウム

 

 ビタミンC

 

 

その他青汁で期待できる効果

野菜不足の解消、便秘解消